POLI-FLEX PRINTABLE 4016

title_poli-flex_premium_oeko2011

printable4016_spec

「ポリ・フレックス プリンタブル 4016」は、光沢を極力抑え非常に落着いたマット調に仕上がるプリンタブルメディアです。ソルベントインク・エコソルベントインク・ラテックスインクを搭載したインクジェットプリンタでのプリントが可能で、圧着する素材の濃淡を選びません。「4016」は、微細カットが可能な非粘着ペットライナー付きで、中粘着アプリケーションテープ「ポリ・タック 853」でリタックして熱転写してください。
 printable_4016_pic01

転写方法

  • 転写物は、2秒ほどプレスして「しわ」を伸ばしてから作業に入ってください。※ポリエステル素材には、事前プレスしないでください。
  1. 上記対応インク搭載のプリンタで「正像」にプリントします。
  2. カッティングプロッターで輪郭をカットしたあと「カス」を取り除きます。【写真1、2】
  3. 「4016」の画像をアプリケーションテープ「ポリ・タック 853」にリタックします。【写真3、4、5】
  4. 転写物の上に、ポリ・タックでリタックした画像を上にしてプレスします。【写真6、7】
  5. 転写後熱いうちにポリ・タックを剥がし、仕上げに直接2秒ほどプレスしてください。【写真7、8】

素材 温度 時間 圧力
綿/ポリエステル共通 155℃-165℃ 17-20秒 中(約300g/c㎡)
撥水・ナイロン 不向き(プリンタブルナイロン 4035をご利用下さい)

※転写物素材のタグにある注意事項を十分把握した上でご利用ください。
※上記の設定は目安です。素材・プレス機、その他の環境により設定が異なります。
※必ず事前にテストしてからご利用ください。

「ポリ・フレックス プリンタブル 4016」の転写工程

 

4015_koutei_2012-11:プリント後、乾燥させた画像を適当な大きさにカット。

tanshayajirushi

4015_koutei_2012-22:周りの「カス」を取り除く。

tanshayajirushi

4015_koutei_2012-33:「ポリ・タック 853」を貼りつけ、充分に気泡を除く。

tanshayajirushi

4015_koutei_2012-44:裏にして、ペットフィルムを静かに剥がす。
4015_koutei_2012-55:「同 853」に完全にリタックした状態。

tanshayajirushi

4015_koutei_2012-66:素材にセットし、プレス。

tanshayajirushi

4015_koutei_2012-77:プレス後、直ぐに表面の「同 853」を剥がす。

tanshayajirushi

4015_koutei_2012-88:仕上げに直接2秒プレスしてでき上がり!

備考

  • 必ずプリンタメーカーの純正インクをご使用ください。
  • ポリエステル素材には、事前プレスしないでください。
  • プリント後、画像を完全に乾燥させてから作業に入ってください。
  • 室内での強い照明が当っても反射しにくいマット調です。
  • 「ポリ・タック 853」などの強(中)粘着アプリケーションテープと一緒にご使用ください。
  • 洗濯の際は、転写後24時間以上乾燥させ転写面を裏返しにして、中性洗剤・40℃以下で洗ってください。
  • 素材テキスタイルに付いているタグの注意事項により、プレス時の設定、洗濯温度、タンブル乾燥などが可能かどうかをご確認の上ご利用ください。
4016a_2012「4016」は、プリント&カット後、ペットライナーから簡単に手で剥がせます。
4016b_2012「4016」は、グロスのガラスコップなどに貼り付けることができ、しかも再剥離が可能です。(当メディアの本来の使用方法ではありませんので、ご理解の上、事前テストしてからご利用ください。)

規格

500mm×5m、×10m、×25mロール 厚さ100 μ (±5%)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ポリ・テープ・ジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.